きょろQの記憶倉庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
領土振り返り
    ∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


((ヾ(*ゝω・*)ノ☆゚+.⊇ωレニちゎ゚+.☆



先日行われた領土の反省やら書いて見ます


まずは

FA

空  →クリ直

乱舞 →道中塔


祖龍防衛なので相手投石8台です

8台だと有利だと思われがちですが

その分相手の護衛を削って投石を引くと言うデメリットがあります

しかし、乱舞さん相手では常に投石モフの数が多いのであまり効果は発揮していないようです



PT内反省

それほひどく悪くはないですが

まだ慣れない組み合わせなのでタゲ合わせがイマイチだった気がします

途中AC振りに護衛で付く支持でしたが

急な支持と振りますだけなのでどこへどれだけ行っているのか把握できず

すでに上がって戦闘していたため自投石の確認不足により位置を把握できていませんでした

途中位置報告と敵の状況の報告もあればよかったと思います





少し戦い方を自分なりに見てみました

まずは攻め上がり方

攻め上がり方にはいろいろあると思います

例題に二つほどあげてみます

一つ目は

ひたすら前に突進する形

この場合は自投石は各自足止めされない工夫をしながら上がることが大事です

一歩でも足を止めることで周り全体が止まります

もちろん周りが止まった時は排除に入らないと周りは生きていられないと思います

この場合のフォーメーションは


           敵陣

          道中         


           護衛

           投石

   遊撃    投石戦士    遊撃


こんな形になるのでしょうか?

自投石は足止めされないこと前提なので

遊撃も無理に前に出ないで後ろ視覚から敵を狙いうつ程度で大丈夫だと思います

投石戦士は自投石を足止めにくる戦士の邪魔をしたり

もし落とされた場合には引き継ぐ準備の位置取りでしょう


二つ目は

戦闘しつつ押し上げる形です

この場合の自投石は上がる引くの駆け引きが重要になります

フォーメーションでは


           敵陣

          道中         

           護衛
  遊撃               遊撃
           投石
          投石戦士

こんな形でしょうか?

この場合はある程度相手火力を落としつつ減らしてから上がる形になるので

護衛と遊撃は投石の前で投石戦士は護衛遊撃にいつでも加勢にいける位置取りで

自投石はできるだけ相手火力にぶつかる当たりでの駆け引きになると思います


あくまでも自分の思い付いた形なので正しくはありません

各自思っている形があると思いますが指揮作戦ではどうなっているか理解している人は少ないと思います

最近攻め全体でもgdgdなので気を引き締めていきたいですね


防衛の方は思い浮かびますが参戦していないので控えておきます

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
Copyright (c) 2006 C&C Media Co., Ltd. All Rights Reserved. (c) Perfect World Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。